GON美容室が初めての方

臨死体験! ホリスティックな美容室

神戸 須磨 でヘナ ができる 頭皮に優しいGON美容室のゴンでございます!

 

今回は久々にゆほびかさんの記事から抜粋です!

 

皆さんは臨死体験は信じますか?

医師の私は臨死体験で魂の存在を実感!

魂を磨くには体に邪気を入れないのが大事

夢をかなえた矢先に国指定の難病を発症。

私は現在、和歌山でペイントクリニックを営んでおり、患者さんの痛みの診断を行ったり、治癒を行ったりしております。

 

医師というと、「魂を磨く」という今回の企画に、そぐわないと思われるかもしれませんが、私は過去に最愛の祖母を不慮の事故で亡くしてから起きた不思議な出来事と、大病を患い臨死体験を経験したことで、人生観や医師としての生き方が大きく変わりました。

 

臨死体験とは、瀕死の状態となり、意識の失った体から魂が抜けだし、あの世の世界を、かいま見たあと再びこの世に戻ってくる体験のことです。

 

まず、私の祖母を亡くしてから起きた不思議な出来事と、この臨死体験について、お話ししましょう。

 

私の父方の祖母は、1981年に12月18日に、私の医学部合格を祈願するお百度参りに行く途中、ひき逃げ事故に遭い亡くなりました。

 

私は、おばあちゃん子でしたし、「おばあちゃんに喜んでもらうために、医学部に合格するぞ!」と勉強を頑張っていましたので、しばらくは大きな喪失感にさいなまれました。

その後、私は何かにつけてあの世からのメッセージを感じるようになったのです。

たとえば、落ち込んだり、悩んだりしたときに、右斜め後方に光を放つイメージの暖かい存在がいるのを感じるのです。

 

その存在は心を落ち着かせるだけではなく、ヒントやアドバイスになる情報をもたらしてくれることもあります。

 

そして、「人の痛みを和らげる麻酔医になりたい」という子供の頃からの夢をかなえ、私は医師になりました。

 

しかしそのわずか3年後の1990年12月18日、私は激しい腹痛、下痢、血便、を起こし潰瘍性大腸炎と診断されたのです。

潰瘍性大腸炎は、国が定めた難病の1とつ。

 

大腸の粘膜に炎症が起き、潰瘍や、びらんができる原因不明の慢性の病気です。

私の場合、もっともっと広範囲に炎症が起こる全大腸炎型の潰瘍性大腸炎で、入院中、主治医から「99、999%完治はしない」と宣告されました。

 

一時は絶望したが、「99、999%治らないのなら、残りの0、001%になってやろう」と奮起。

 

標準的な治療法であるステロイド薬は、体に備わっている自然治癒力を落としてしまううので、私は拒否し、代わりに自律訓練法「自律神経のバランスを整える自己催眠報法や気功を試みました。

 

その結果、症状が落ち着いて無事退院したものの、多忙がたたり、2年後に潰瘍性大腸炎が再燃「治まっていた症状や病状が再び悪化」すること。

 

 

また入院することになります。

2回目の入院時は1回目よりも症状が重く、激しい腹痛と下痢で一日で多い日には40回以上もトイレに行き、そのたんびに血便が出て、1ヶ月で23㎏も体重が減りました。

その入院中に、私は臨死体験をしたのです。

臨死体験で聞こえたメッセージまず、ホワーンと体が浮いている感じがして、

ふと見下ろすと、ベッドに寝ている自分の姿が見えました。最初は夢かと思いましたが、だんだんと自分が体から離れていき、それまで感じていた体の痛みや苦しみが消えていきました。

 

そして、温かいものに包まれているような気持ちよさを感じながら、私はどんどん上昇していきました。

 

病院の壁や天井をスライムのようにムニムニとと通り抜け、私は上空からあたりの光景を見ていました。

 

空に向かって飛び立つドローンで撮影した映像をを見ているような感じです。

 

上昇を続けるうちに、西の方向に卵のような光が見えました。

 

とても美しく、気功の時に見える黄金のような光に似ていました。

 

光はガンガン低い音をたてていて、そちらにちかずくほど、体験したことのない気持ちよさに包まれました。

 

 

大きな光の玉に吸い寄せられて、「あの中に」入ったらもっと気持ちいんだろな。

とっ思った瞬間、私の耳にメッセージが聞こえてきました。

 

それは次の3つでした。

 

「この先、何度か潰瘍性大腸炎が悪化するのが、必ず乗り越えられる」

「人の体だけでなく、心や魂まで見つめるホリスティック「全体的」な医療が将来必要とされる」

 

「6~7年後に発表の場が用意されるから、それまではこの体験を語ってはいけない」メッセージを聞き終えると、お尻のあたりが冷たいのに気ずきハッとしました。

引用 ゆほびか

西本クリニック院長  西本真司先生

 

GONも臨死体験を経験

20代前半の頃に、毎日、ブランデーをほぼ毎日8割ぐらい飲んでました。

これは確か、過去のブログにも書きましたが。

それも夜の11時~朝方3時ぐらいの間で飲んでました。

当時は、付き合ってる子と別れ(結婚するつもりだったが)やけくそ&鬱でした!

 

過去の記事

と言うのも、さんざん学生の時は、女子の心をもてあそび、その報いではないと思いますが自分が捨てられることによって思い知ったわけです。

女性に振られたのは、この一回!

もちろん自分で、もて遊んでやろう!って言うのではなく、単に女性好きだったわけでございます。

俺、病気ちゃうか!っていうぐらい女の人を追っかけてました。

同時期に二人、三人と付き合っており、最低最悪の男だったのです・・・・・。

この罪の意識も加わり鬱となったわけです。

この女好きすぎるって言うのも、自分なりに分析し、その答えが分かってからは、もうそんな事はしません。

 

真面目なGONは毎日飲み続ける

根が真面目なんで、アルコールにしても、麻薬系にしても毎日、毎日続けます。
(ちなみに今は毎日筋トレをやってます)

まあ半分は自殺行為でもあります。

そういったある日、急に、胃が痛くなり、夜間に緊急病院に!

点滴を打って、返ってきたら、すぐに激しい痛みが・・・・・。

でトンボ返りで、病院に行くと、さらに激しい痛みが・・・・。

夜間の緊急病院ですが、バイトの先生しかおらず、モルヒネ(かな? 鎮痛剤)をお尻に打って痛みを止めてたんですが、だんだんと、そのモルヒネも効かず・・・・。

朝方には、汗びっしょりで痛みを堪え・・・・。

そこでオカンが、こんな病院おったら死んでまうわー

って事で、朝4時半に知り合いの病院に移送してもらい、そこの先生には、元気になってから、の話ですが、あと15分遅かったら死んでましたよ!

って言われました。

当然、痛みが激しいので、注射は腕、手首、足など、どこも針を刺しても血管に刺さらず、結果、鎖骨の部位を切開し、そこから点滴を入れました。

そして落ち着いたころに、先生が来て、両親を外に、呼び出しました・・・・・ ಠ_ಠ

で、病室に入ってくるなり、オトンとオカンは、泣きながら身体をさすり出し・・・・・。

意識朦朧としてましたが、この時、俺 死ぬんとちゃうん?

って思いました (T_T)

そして、その日の数時間後、臨死体験をしました。

幸い、お花畑もなく、お迎えも来ておらず、ベットから身体が浮き、天井を通り越し、夜の宇宙に行きました。

そこでは痛みも無く、とても幸せな気分でした!

そして無数の声と言うか模様と言うか、たくさんの声が、ガンバレー 大丈夫! ガンバレ~ って聞こえてたのを覚えています。

急性膵炎で、三か月間入院しました。

 

生かされたこの命

 

それから、この一件で痛い思いをして死にかけたので、気づけば良かったのに、その後、数年後、また激しいトラブルが続きます!

まだ、心の問題は終わって無かったんですね。

今回は、長くなるのでここで一旦は終わりますが西本真司先生の言う、

「人の体だけでなく、心や魂まで見つめるホリスティック「全体的」な医療が将来必要とされる」

これは医学の世界では、これからと言うか今からは全体的なホリスティックな医療が必要です。

身体のパーツ パーツで診る今の医学ではなく、患者の背景も含め全体を診る医学です。

 

美容業界も同じ

美容室にしても同じです。

パーマ カラー カットと分業のところも多いです。

これは生産性が高くなるので、このようにしてるところもあります(大きな美容室)

GON美容室の場合は、お肌に問題がある!頭皮に異常がある! アトピーって方がGON美容室に来られます。

よって、美容の施術にも当然気をつけ、薬剤などにも気をつけ、症状が良くならない方には、食べ物や日頃の生活の見直しなどしてもらいます。

よって

痒い人、調子が悪い人はパンと牛乳をやめよう!

パンと牛乳は今すぐやめなさい! (3週間で体が生まれ変わる)

発達障害とバイオメディカル療法 4

などの記事を書いています。

今、頭皮やお肌にトラブルがあるって事は、何かしら、食べ物であったり、シャンプーやトリートメントや化粧品がや生活環境が、適合していないのです。

昨日も若い方で、皮膚トラブルが、なかなかまだ良くならないとの事(薬である程度は良くなった)で、パンと牛乳を止めてみたら? 良くなると思うでーって話をしましたが は~?

何言うてるんやろ?って顔で見られました 😭

しかし薬でも良くならず、そして当店はお肌の弱い方を対象にした安全・安心を売りにしてる美容室ではありますが、元々、頭皮に異常があったり、傷があったら美容の施術をしたら当たり前ですが痛いんです!

痛い=危険=やめた方が良い → でもオシャレがしたい → GON美容室です (^_^)v

そして、お肌が弱い、頭皮に異常がある!って方は、これから少しでも長く、美容室でのカラーを長く続けたいのであれば、必要のある方にはケア剤を使用してもらい、そして自分自身でも、少しでも改善する努力は必要となるのです。

GON美容室は、見た目だけ重視の美容室ではありません。

最先端のカラーテクニックや、今年流行のカラーの色味とか新機器を使ってのパーマなんかはしていません。

何らかの異常のあるお客様に対し、できるだけ負担のないカラーの施術、そして今現在、お困りの方で、良くなりたい方にはケア剤を。

そして、それでも良くならない方には、食事の方もお伝えさせて頂き、髪だけではなく、身体の健康と、そして内面から美しくなって頂けるような美容室を目出したホリスティックな美容室? です!!

続く・・・・・・。

この記事が気に入ったら
"いいね!"をしよう!
Facebookで更新情報をお届け。

関連記事

  1. GON美容室が初めての方

    美容師 見習い歩真(アルマ)くん 仕事は手のマッサージと頭と肩のマッサージ

    神戸 須磨 でヘナ ができる 頭皮に優しいGON美容室のゴンでございま…

  2. GON美容室が初めての方

    GON美容室通信 コロナの裏で色んな事が起こってますね

    神戸 須磨 でヘナ ができる 頭皮に優しいGON美容室のゴンでございま…

  3. GON美容室が初めての方

    GON美容室内では商品はオススメしません

    神戸 須磨 でヘナ ができる 頭皮に優しいGON美容室のゴンでございま…

  4. GON美容室が初めての方

    頭皮に異常がある方で毛染めやヘナをする場合

    神戸 須磨 でヘナ ができる 頭皮に優しいGON美容室のゴンでございま…

  5. GON美容室が初めての方

    美容室で使うカラーや薬品について

    神戸 須磨 でヘナ ができる 頭皮に優しいGON美容室のゴンでございま…

  6. GON美容室が初めての方

    当店はお肌の弱い方に対応した神戸にある美容室です。

    神戸 須磨 でヘナ ができる 頭皮に優しいGON美容室のゴンでございま…

ご訪問ありがとうございます!

  • 25現在の記事:
  • 43303総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
  • 122昨日の閲覧数:
  • 23651総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 51昨日の訪問者数:
  • 42一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2019年7月19日カウント開始日:
お肌と頭皮に優しい美容室 GON美容室 店長ブログ

美容師GONの健康と美容ブログ

GON美容室カラーに関する質問集

日興ビューティ 理学美容 アビエル製品と黒麗製品のご案内

トイトイトーイ Toitoitoi 正規品販売 GON美容室
  1. ヘナカラーは環境とお肌に優しいです

    天然100%のヘナカラー 神戸 ヘナ専門美容室
  2. 商品のご案内

    GON美容室 ハイクオリティーシャンプー
  3. 日興ビューティ 理学美容

     日興ビューティ かぶれには色々あります
  4. 美容室の最新情報&ご案内

    神戸 須磨垂水ウォーカーに掲載されました (^-^)v
  5. 頭皮トラブルについて

    ジアミンアレルギーなのですがカラーは大丈夫? 神戸 ヘナ美容室
PAGE TOP