自己紹介

新聞屋さんで住み込みのバイトを頼んでいたらしい

この1週間どうやって過ごしていたのか聞いてみました。

電車の中とトイレの中の、話は書きましたが新聞屋さんで、住み込みのアルバイトをさせて欲しいと頼んでいたらしいです。

けど、未成年の為、親の承諾が必要でした。

半分拉致の形で、同棲をはじめ、家には家出同然で出てきていたので、そう易々と家に帰って会わせる顔もなく、どこにも行けません。

くずく申し訳ない事をしたと思いました。

未成年で親の承諾が必要だ!と言われた時どんな気持ちだったんだろう?

と思い本当に自分の不甲斐なさを実感しました。

また、食べ物はと言えば、ほとんど食べる事はなく、水は公園の水を飲んで過ごしたそうです。

あまりにもお腹がすいたのでお金もなく

「ネギトロ」をスーパーで万引きしたそうです・・・・・。

それを聞いた時に、「あーなんて自分は最低な人間」なのかと
雷に打たれたように思い知りました・・・・。

この事件をきっかけに、すべての謎が解けました。

今までは、女性に対し愛情?をもらう事で自分の中のインナーチャイルドは満足していたように思います。

ひどい時は、朝 〇〇ちゃん 昼 〇〇子  夜〇〇美ちゃんと絶えず、誰か女性といました。

気をつかってもらったり、大丈夫?とか寒くない?とか暑くない?とか・・・・・・。

女性と一緒にいるだけで安心したのかもしれません。

そういった事で潜在意識の中の小さな、小さな僕は、錯覚の満足していたのかもしれません。

当時、思い出した事は、小さい時は、ほとんど おじーさんとおばーさんの所にいました。

それなりに、かなり楽しい日々でしたが、本当は寂しかったんだと思います。

彼女は、まだ16歳なので、当然、女性的な心配りや気遣いなどは一切ないです。 なくて当然です。

例えば、鳥に例えると こんな事を彼女にしてました。

大の大人の鳥が、高校生ぐらいの小さな鳥に「エサくれ」「エサくれ!」みたいな。

小さな鳥は、それに応えようと一生懸命しますが、どうやって「エサ」を与えて良いか分かりません。

また、その「エサ」もどんな類の「エサ」を希望しているかさえも分かりません。

けど「エサくれ!」「エサがわからないのか!」と攻め続けます・・・・・・。

当の本人自体どんな「エサ」欲しいのかもわかっていません

たまらず、私では無理!!と罪悪感を持ちながら去っていっても当然です。

ここで、ハッキリ分かったのは「愛」とはもらうものではなく「与えるもの」

愛は与えるものであり、もらうものではないと言う事がハッキリとわかりました。

この記事が気に入ったら
"いいね!"をしよう!
Facebookで更新情報をお届け。

関連記事

日興ビューティ 理学美容 アビエル製品と黒麗製品のご案内

ご訪問ありがとうございます!

  • 48現在の記事:
  • 63412総閲覧数:
  • 71今日の閲覧数:
  • 88昨日の閲覧数:
  • 32903総訪問者数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 41昨日の訪問者数:
  • 42一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2019年4月27日カウント開始日:
  1. 自己紹介

    野球には自信があったので、中1の頃から有望視されてました【GON中学生】
  2. 自己紹介

    美容学校卒業後【美容の見習い】
  3. ばんのう酵母くん 効果

    ばんのう酵母くん が効かない 4
  4. ばんのう酵母くん 効果

    アーデンモア ばんのう酵母くん Q&A
  5. トイトイトーイ

    ロットナンバーの無い商品は正規品? リトルサイエンティスト 美容室専売商品
PAGE TOP