水溶性ケイ素

【糖尿病について -2-】

神戸・須磨で水溶性珪素ホワイトシリカ取り扱い店のGON美容室のゴンでございます!

 

前回は、糖尿病の仕組みについて、簡単に説明をいたしました。

 

今回は、『糖尿病の種類』についてお話いたしますね!

 

そう、一言で糖尿病と言いますが、実はいくつかのタイプがあるんです。

 

ご存知でしたか?

全部で4種にまで分けられるんです。

 

●1型糖尿病

 

すい臓の中の、インスリンを作るためのβ細胞というものが破壊されて、からだの中のインスリンの量が、足りなくなって起こります。

こちらはなんと、子供のうちに始まることが多いんだそうです。
本当に、気づくまで手が打てない「病気」になるわけですね。

分類が確定される前は、小児糖尿病または、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていたそうです。

 

●2型糖尿病

 

こちらは更に2パターンあります。

インスリンの出る量が少なくなって起こるもの。

インスリンの働きが悪いために、肝臓や筋肉などの細胞自体がインスリン作用を感じにくくなり、ブドウ糖をうまく取り入れられなくなって起こるもの。

食事や運動などの、生活習慣が関係している場合がとても多く、日本の糖尿病の、実に95%以上はこのタイプ。

 

●遺伝子異常や、ほかの病気や薬剤の作用によるもの

 

先天性の遺伝子の異常や、肝臓・すい臓の病気からの合併症、感染症、免疫異常など、ほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされることもそうようです。

恐ろしいことに、薬剤が原因となる場合もあるとか。

 

●妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖尿病のこと。

妊娠中は、どうしても体に負担がかかるうえに、食生活や運動量なども変わりがちですので、痩せていても、元々は健康だった人でも、
かかる可能性はあるようです。

妊娠中のお母さんが糖尿病になると、新生児に合併症が出ることもある恐ろしい病気です。

よくイメージされる糖尿病は、2型なんですね。

でも、95%が生活習慣によるものなのですから、いかに自分の心掛けで変えていけるか、ということが分かります。

とは言っても、急には変えられないのが人です。

お酒が好きな人が、今日から少し減らすことはできるかもしれませんが、「糖尿病の危険な状態です」と言われずして、一気に止めることは、難しいのではないでしょうか?

何事も、極端だとどこかしらに負担がかかるものですしね。

お酒を楽しんでいた人が、急に止めたとして、そのストレスで別の病気にでもなってしまっては、意味がありません。

そこで、誰でも続けやすい簡単な方法が求められています。

でも、薬は副作用や依存性があったりして、必要最低限の使用に留めたいですよね?

そこでオススメしたいのが、「ホワイトシリカ」「たっぷりケイ素」です!

 

薬はあくまで、緊急時のもの!

すぐに、一気に、がつんと数値を下げなければ、命に関わりますからね。

「ホワイトシリカ」と、「たっぷりケイ素」も、飲んだ翌日には実感される方が多いようですが、薬に慣れた方だと、少し足らないくらいかと思います。

でも、だからこそ、毎日飲み続けても、身体への負担はないんです。

そして、緩やかに1か月ほどをかけて、正常値へと近づけていってくれます。

ホワイトシリカは100倍から200倍希釈でpH9からpH10となります。

飲料水として一般的にはpH10以上は認められてないそうです。(飲んでも問題はありませんが)

ホワイトシリカは100倍~200倍(pH9からpH10)に薄めて飲んで下さいね。

 

ホワイトシリカ1000mlはGON美容室のほうで取り扱っております。

 

お気軽にお問合せ下さいませ。

 

ホワイトシリカ根本療法

この記事が気に入ったら
"いいね!"をしよう!
Facebookで更新情報をお届け。

関連記事

日興ビューティ 理学美容 アビエル製品と黒麗製品のご案内

ご訪問ありがとうございます!

  • 17現在の記事:
  • 57650総閲覧数:
  • 7今日の閲覧数:
  • 92昨日の閲覧数:
  • 29775総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 39昨日の訪問者数:
  • 37一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2019年4月27日カウント開始日:
  1. ばんのう酵母くん 効果

    ばんのう酵母くんで顔が赤くなる? 2
  2. 健康一般

    2470 ハビッツ レドキシング
  3. ばんのう酵母くん 使い方

    ばんのう酵母くんが花粉症に活躍中!
  4. 自己紹介

    ディスレクシア LDとして・・・・
  5. 水溶性ケイ素

    「珪素(ケイ素)」についての質問です。
PAGE TOP